農業体験研修01

入社3年目までの離職が大きな問題となっています。

その多くの問題点は、学生から社会人になったときのマインドのリセットができておらず、
働く意義を感じられないまま就業し、職ブームに乗じて流されるように転職してしまうのが現状です。
そのままであれば、企業、採用した若者も共に生産性に欠け、損失感のみが残ってしまいます。
そこで、この研修を通じて、日本人とは、社会人とは、企業人とは、と若者の疑問を
解決できる研修プログラムとなっています。理不尽さの中で、社会との接点、貢献、上司・先輩社員とのコミュニケーション、
タイムマネージメント、目標設定を自発的に構築し、実践できるような研修となっています。
農業体験では、田植え・稲刈りを通して実践しチームビルディングを学び見につけることができます。
地域振興のプロのワークショップも行い、地方創生の本質も学べます。
この機会に是非とも若者研修のプログラムとして検討をお願いいたいます。

農業体験研修02

農業体験研修03

■目標
・農業体験と研修の融合により自己理解、他者理解を深める。
・社会人としてのマインドの醸成とビジネスマナー、
 コミュニケーションを学びます。

■研修時間:2回実施(合計6日間)
・1コース2日間農業体験4時間+ビジネス研修6時間/日
※全コース参加を前提とします。

■対象者:入社3年目までの若年者

■定員数:20名
○実習、グループワークなど、参加型スタイルで進行します。
○共同生活:上籾棚田百選民泊とします。(※研修所近くの民家)
○食事:地元の食材を利用し炊事し、規則正しい食生活行います。

農業体験研修04

藁編み

・目標3時間の500本の藁編み(穂木用結束縄)にチャレンジ。
・結果:650本目的達成!自らの集中力・チームワークを学びました。
農業体験研修06

柚子の剪定

・5畝 20本の柚子の木の棘の剪定
(地味な仕事ですが、この仕事を行わなければ収穫の質が下がり、
また収穫の工程に大きく影響する重要な仕事です。)
・地味で単純な仕事を行うことで、忍耐力・仕事に対する継続力を学びました。
農業体験研修07

農業体験

・稲刈りトレーニング
・稲刈り体験
2チームで編成し2時間30分で与えられた面積の稲を刈り終わりました。
農業体験研修08

星空ワークショップ

・農業政策の歴史、農業の大切さを学びました。
・地方創生を学ぶ
農業体験研修09

農業体験研修_02

プロフェッショナルの仕事術を見に付ける
~価値創造の実践行動~

・「価値創造、価値提供」
・「信頼関係構築の方法」の大切さのレクチャーとロールプレー
・「仕事の課題抽出、改善行動」
・「自分を創る」
農業体験研修11

上籾をPRするワークショップ

・4チームに分けチームで討議 発表内容にまとめました。
・各チーム5分程度で発表行い、協議会役員、しあわせ会から感想を頂きました。
農業体験研修12